光脱毛の種類 IPL脱毛、S.S.C脱毛の違いと特徴・効果

全身脱毛

エステ脱毛では光の周波を使う光脱毛が一般的ですが、光脱毛と言ってもどんな脱毛機器を使うのかによっていくつかの種類に分類することができます。

中でも、どんな種類の光を使うかによって、IPL脱毛とSSC脱毛に大きく分類できます。

IPL脱毛の特徴・効果

IPL脱毛は、インテンスパルスライト(Intense Pulse Light)という種類の光の周波を利用して毛母細胞を破壊する脱毛方法で、基本的なメカニズムはレーザー脱毛と同じになります。

IPLをムダ毛に照射すると、ムダ毛の毛根部分にある毛母細胞が反応し、毛母細胞に含まれているたんぱく質が熱によって凝固し、生卵がゆで卵に変わるようなイメージで、毛根ごとツルリと抜け落ちてくれるのです。

このIPL脱毛では、一度の施術で確実に毛母細胞を100%破壊できるというわけではないため数回の施術が必要になるという特徴があります。

家庭用脱毛器売り上げナンバーワンのケノンはIPLです。

サロンに通うのは時間がかかる💦

自宅で本格脱毛と美顔が1台で!「脱毛器ケノン」

S.S.C脱毛の特徴・効果

一方、SSC脱毛は、毛根部分の毛母細胞を熱で凝固させるというわけではなく、機能そのものをストップさせてしまおうという脱毛方法。

この脱毛方法では、ビーンズジェルという特殊なジェルを使うのが特徴です。

ビーンズジェルは毛穴の中に素早く入り込み、ムダ毛の根元部分にある毛母細胞に絡みつきます。

そこに光を照射することによってジェルが反応し、毛根の機能を根本的にストップさせてくれるだけでなく、劇的な抑毛効果も期待できるという特徴があります。

このSSC脱毛は、毛穴の中に機能していないとはいえ毛母細胞がまだ残っている状態。

そのため、永久的に確実な脱毛効果が期待できるというわけではありません。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました