junskitchen(ジュンズキッチン)は何者?猫は何匹で包丁のメーカーや住まいはどこ?

junskitchen(ジュンズキッチン)は何者?猫は何匹で包丁のメーカーや住まいはどこ?
Sponsored Link

海外YouTuberかと思いきや、日本のスーパーに買い物に行ってる?

奥さんがいるって本当?

猫は何匹飼っているの?

結局junskitchenって何者なの?

日本屈指の料理系YouTuberのjunskitchenを調査していきましょう!!

 

junskitchenは何者なの?

 

 

もう素敵すぎてため息しか出ない!

しばらく海外YouTuberと思って視聴していました(笑)

ジュンズなので、名前はジュンで日系アメリカ人と勝手に思い込んでましたYO!!

英語もネイティブ過ぎますからね(^.^)

 

 

↑↑登録者増加率ランキングをチェックしていたところ、ん?ジュンさん?

ジュンズキッチンって日本人なの(?) 今更ですが(笑)

ジュンズキッチンの動画アップペースは月1本。10月は1本もまだアップされていなのにも関わらず登録者数はうなぎ上りです!

 

ジュンは海外に住んでいて、海外の料理人と思っている方も多いのではないでしょうか。

日本人、外国人と分けるのは可笑しいですね!料理系ユーチューバーの草分け的存在がjunskitchenです!!

そして驚くのは動画の再生数が余裕で1000万回再生が多いことと、高評価率が驚異の99%!!

世界屈指の超人気料理系ユーチューバーと言っても過言ではないでしょう。

ヒカキンやはじめしゃちょーのように出演者がメインとなっているチャンネルではなく、あくまで料理がメイン。

日本でも最近じわじわと料理チャンネルが人気を集めており、ラファエルも料理を始めるほど(笑)

海外では日本よりも料理チャンネルの人気が高く、junskitchenは海外ユーザーからも熱い視線を集めており、

1000万回再生は当たり前のモンスター料理チャンネルとなっているので、今後もチャンネル登録者数は無限大の可能性を秘めているでしょう!!

 

junskitchenのジュンプロフィール-

本名:非公開

生年月日:非公開

年齢:20代後半~30代前半予想(既婚)

居住地:日本、出身地愛媛県

事務所:吉田正樹事務所

職業:翻訳家、YouTuber

junskitchen チャンネル登録者数288万人(2018年10月現在)

 

キッチンにずらりと並んだたくさんの包丁、キッチン用具を丁寧に扱う姿勢。

第一印象プロの料理人と思う視聴者が大半なはずですが、ジュンは翻訳の仕事のキャリアを明かしています。

もし料理の仕事の経験が全くなく、料理が趣味だったとしたら驚きです!!

 

料理というよりも、ひとつの作品のような芸術性もあり、インスタ映えというのはこのことでしょう!!

 

junskitchenの包丁のメーカーは?

 


出典:https://youtu.be/7dFFEBnY0Bo

 

junskitchenと言えば、キッチンにずらりと並んだ包丁やキッチングッズ!!

料理道具への愛情や、敬意を感じる扱い方をしている。さぞや高級な料理道具なのだろうと予想していたが、

100円均一の包丁でも十分に切れる、使えることを動画にしていることもありました!

普段はドイツ製のヘンケルの包丁も愛用していますが、100均の包丁も使用しているのですね(^.^)

 

 

Sponsored Link

junskitchenの猫や奥様は?

 

 

junskitchenを視聴していると料理ともに出演しているのが3匹の猫たち。

 

鮮やかな琥珀色の毛並みのコハク↓↓

黒と白のポキ↓↓

コハクよりもやや薄めのブラウン系の毛並みのナギ↓↓

そして動画にはあまり出演はしてませんが、junskitchenは奥様のレイチェルもチャンネルの一員。

 

junskitchenレイチェルプロフィール-

本名:非公開

出身地:アメリカ合衆国・オハイオ州

前職業:空軍士官

留学先の日本でジュンに出会い結婚

 

 

ふたりはレイチェルが留学先の日本の大学で、ジュンに出会ったことが馴れ初め。

ジュンは留学生のお世話をするアシスタントとして働いており、そこで知り合う。

レイチェルはアメリカ軍に当時所属しており、奨学金を貰い日本語を習得するために来日したそう。

ジュンと出会ったことで、人生のスケジュールが大きく変わってしまった!運命だったのでしょうね(^^♪

現在はアメリカ軍のお仕事は辞めています。

 

動画アップペースは月1本ほどのゆったりペースですが、動画のクオリティは高くうっとり!!

日々の疲れが飛ぶjunskitchenの料理の世界を覗いてみては(?)

 

 

Sponsored Link