黄昏流星群【ドラマ】あらすじとネタバレ!キャストと相関図もチェック!

黄昏流星群【ドラマ】あらすじとネタバレ!キャストと相関図もチェック!
Sponsored Link

2018年秋ドラマの本命、黄昏流星群あらすじとネタバレ、

キャストと相関図をチェックしていきましょう!

 

黄昏流星群キャストと相関図は?

 

 

瀧沢完治【佐々木蔵之介】若葉銀行新宿店支店長、部下からの信頼も厚い。密かに完治に好意を寄せる部下もいるが、不倫は出世の御法度。浮気には興味がない、敏腕で仕事人間。

本店への栄転を目標に頑張って来たが、理不尽な理由で子会社への出向を命じられる。打ちひしがれた完治は若い頃に好きだった山を思い出し、ふらっとスイスへとひとり旅へ。そこで運命の女性、目黒栞と出会う。

 

瀧沢真璃子【中山美穂】:完治と恋愛結婚後、夫を献身的に支え、一人娘の美咲を大切に育て上げ、パン作りが上手な良妻賢母の専業主婦。娘の成長が楽しみで子育てが終わったらと思うと漠然と喪失感を抱いている。娘の婚約者、日野春輝に出会い、真璃子は変わっていく。

 

日野春輝【藤井流星-ジャニーズWEST-】: 瀧沢夫妻の一人娘・美咲の婚約者。ただしこの結婚には実は秘密がある。ある日突然に美咲を訪ねて瀧沢家を訪れた春輝は真璃子と出会う。始めは美咲の母として接して真摯に真璃子の相談をのるうちに、真璃子に惹かれる自分に気づいていく。

 

瀧沢美咲【石川恋】:瀧沢夫妻の一人娘。大手商社勤務。しっかり者で両親に心配をかけたことがないタイプ。母・真璃子とは一卵性母娘のように仲良し。実は大きな秘密を抱えており、のちに瀧沢家に大きな衝撃をもたらすことに。

 

目黒栞【黒木瞳】:スイスに単身旅行中の完治が巡り合う、運命的な女性。帰国後、完治とは二度と会うことがないと思っていた完治と思わぬところで再会をする。親の介護で自分の人生を犠牲にしてきたが、完治との出会いで変わっていく。

 

【完治:佐々木蔵之介】と【真璃子:中山美穂】が夫婦、夫婦の一人娘に【美咲:石川恋】。娘の婚約者に【春輝:ジャニーズWESTの藤井流星】。

【完治:佐々木蔵之介】と旅先で運命的に出会う女性に【栞:黒木瞳】。夫婦二人とも不倫へ進んでしまいそうな相関図です。

脇を固めるキャストは、【春輝:藤井流星】の母親役に【冴:麻生祐未】。【真璃子:中山美穂】の良き相談相手に【水原聡美:八木亜希子】。

【完治:佐々木蔵之介】の行きつけの店のオーナー役に【徳田和夫:小野武彦】という実力派の布陣です。

 

黄昏流星群第1話あらすじは?

 

瀧沢完治【佐々木蔵之介】は勤続28年の銀行マン。仕事一筋勤めあげ、若葉銀行新宿支店支店長にまで上り詰めた。

自他ともに出世頭で、次は本店に栄転を本人も周囲も期待を寄せていた。

誠実で敏腕銀行マンの仕事ぶり、所作を丁寧に描写があり、ドラマ冒頭は恋愛要素は出てこないところが、説得力がありました!佐々木蔵之介のような上司だったらなぁ。と妄想しました!!

部下からも慕われ、独身の女性部下からも好意を寄せられることも。不倫は出世の妨げになるためもあり、興味がないところもかっこいい!女性部下役には本仮谷ユイカも適役です!

妻の真璃子【中山美穂】は、完治を信用し献身的に支えていた。仕事人間の夫とはあまり時間を共有出来ないが、一人娘の美咲【石川恋】と一卵性母娘のような仲の良さで生きがいだった。

真璃子美咲から近く恋人の日野春輝【藤井流星】を紹介したといわれショックを受ける。

多忙な夫とは濃密な時間を過ごす機会は減っているものの、娘の存在もあり、静かに時間を過ごす、これが幸福と言うのだろうと思う真璃子の姿にも共感しました!

本店に栄転か!と期待を寄せていたのが急転直下!理不尽な理由で子会社に出向を言い渡され、打ちひしがれた完治は、

酔いつぶれ、グラスの中の氷をぼんやり眺めたときに、スイスの山への想いを馳せる。

若い頃から山が好きだったんですね!完治は、単身旅行でスイスのマッターホルンに登山しようとするも猛吹雪。ゴンドラで運命的に栞【黒木瞳】と出会う。

栞の真っ白なダウンコートにベレー帽が少女のよう!どこのダウンコートか気になります(笑)

楽しい時間を過ごした後、完治は、栞に対してキスをしようとして…

栞に拒まれてしまい、それっきり・・ 完治は栞に謝罪したかったけれど名前も何も知らない。もう会えないのかと思っていたところ、出向先の食堂に勤めるに再会して・・。

そして真璃子は突然に家を訪問した春輝と出会って・・で第一話は終了!

『昼顔』に続くフジテレビドラマのヒット作になる予感がします!

 

Sponsored Link

黄昏流星群ネタバレは?

黄昏流星群は、原作は島耕作シリーズでお馴染みの弘兼憲史さんの漫画です。

オムニバス形式の連載で、黄昏流星群~不惑の星~の部分がドラマ化されています。

1話完結なんです!ネタバレをしますと、スイスで運命の女性と知り合い、離婚を経て結ばれます!!

ちょっと待ったあああ!! 

原作と同じ結末に単純になるとは言えないので、勇み足しないでくださいね!

原作の完治の妻子は、良い妻でもなければ、良い娘でもないんです(;^_^A

離婚されても仕方ないかも・・感じなんですね。

ドラマ版の中山美穂が演じる良妻賢母の妻は、オリジナルキャラクターと言ってもいいですし、

原作では夫だけが、熟年の恋愛を経験するだけで、妻は恋はしません。その部分が大きく違いますね。

但し、ドラマ1話の仕事人間の銀行マンで人生を捧げて来た男が、人生の岐路に立ち、スイスで運命の女性に出会い、恋に落ち、

黄昏時の人生に一筋の光が差す。この部分は原作を丁寧になぞっており、素晴らしい実写化と感じました!!

そして意地悪な妻が、良妻賢母の魅力的な妻となってオリジナルキャラクターになっているので、

1話のオムニバス原作が、10話までストーリーを広げることが出来るのでしょう。

今秋楽しみなドラマです!今後も感想を書いていきたいと思います(^.^)

 

Sponsored Link